雄の涙フェロモンで流産=実験用雌マウスで発見

実験用に代々飼育されているマウスの雌が交尾後、遺伝的に異なる系統の雄と接触すると流産してしまう現象は、雄の涙に含まれるフェロモンが原因物質の一つと分かりました。麻布大の菊水健史らは、東京大の東原和成教授との共同研究を米科学誌カレント・バイオロジーに発表しました。オスの涙に含まれるフェロモン「ESP1」はこれまで、雌に交尾の受け入れを促すとともに、雄自身にとっては他の雄への攻撃性を高める働きが解明されていました。ESP1によって雌が流産するのは受精卵の子宮への着床に必要なホルモンの分泌を妨げるためで、ESP1の新たな作用が判明しました。