学科紹介

伝統の麻布・研究の動物応用

麻布大学は、科学研究補助金(文部科学省)総合動物科学領域において、東京大学、北海道大学に次ぐ日本で3位の地位を確立しています(H29年度)。上位5位以内を常に維持しており、特に動物応用科学の教員の研究への貢献度は高いものがあります。

人と動物に関するあらゆる分野を学ぶ

1・2年次には生物学や自然科学、動物応用科学にかかわる基礎学力を習得し、3年次からはコースに分かれてその専門性を深化追究します。4年間を通して人と動物に関するあらゆる分野を、遺伝子から生体まで多様なレベルで総合的に学んでいきます。


動物応用科学の学びを専門コースで追究

動物生命科学にかかわる広い知識を学ぶ「動物生命科学コース」と、人と動物の関係をさまざまな角度から探究する「動物人間関係学コース」の専門コースに分かれて、動物応用科学の高い専門性を追究していきます。


社会で活躍するためのキャリア教育

社会人・職業人として必要な知識・技術が修得できるキャリア形成科目を各年次に計画的に配分しています。一般教養、語学力ならびにコミュニケーション能力、情報処理能力など、社会で活躍するために欠かせない能力を高めます。