動物生化学実習

2年生後期に履修する動物生化学実習は、「仮説を立て検証する」スタイルで行っています。
学生さん達は実験の結果が明らかになる前に、結果を班ごとに予想してその根拠とともに図を使って発表します。そして実験結果と自分達の予測が一致していたのかどうか確認し、違っていたら「何故異なってしまったか」を考え、リポートにまとめます。