田中教授が ユニコムプラザさがみはら オーサーズカフェ で講演しました

<< 講演内容 >> 人と羊のさまざまな関わり 麻布大学 獣医学部 動物応用科学科 教授 田中 智夫 氏 羊と聞くと、干支としての「未」を思い浮かべる方や、あるいは毛糸のセーターや、ジンギス汗鍋を思い浮かべる方もいるでしょう。羊とはいったいどんな動物なのか、世界にはどこにどれだけの羊が飼われているのか、またその羊は、私たち人間の生活にどのようなかたちで関わっているのかなど、わが国ではマイナーな家畜である羊は、実は世界では非常にメジャーな家畜であることを、あらためてお話しします。

 オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2 参照URL http://unicom-plaza.jp/authcafe 

<<参加者の声>> 満足度を見ましたら、全員が満足といった結果でした。(相模原市立 市民・大学交流センター ユニコムプラザさがみはら 所長 金森 厳 様からのコメント) 以下、参加者からのコメント: ・羊の有効利用がこの様な形で進んでいることは非常に興味深い。 ・羊肉を食べてみようと思った。 ・北海道の夏草を食べさせてみたらどうでしょうか。 ・羊毛を扱っているので、羊と羊にまつわる話で勉強できます。 ・羊肉が売られている部位は少なく、しゃぶしゃぶに使える肉を探したい。 ・羊肉がヘルシーと言われる理由がよく分かり、積極的に食べたいと思いました。 ・羊のことを詳しく知りたいと常に思っていた。ためになりました。 ・元々ひつじ好きなので、とても興味深く聞けました。 ・そのうち羊を飼いたい。 ・これから羊を食す時などに、どこの国の羊か興味深い。 ・羊は本当に人間にとって役に立っていることを知り、感謝を忘れないようにします。 ・羊の話しPart 2をお願いします。 ・他の動物についても聞いてみたいです。 ・田中先生のお話は分かり易く、そしてとても楽しく、また是非、先生の話をきいてみたいです。 ・麻布大学の学生は幸せです。