食品科学研究室 小林院生が第107回日本養豚学会において表彰されました。

平成29年10月26ー27日の間、酪農学園大学で開催された第107回日本養豚学会大会において、食品科学研究室所属の大学院2年生 小林祥子さんが若手優秀発表賞を受賞しました。 演題タイトル:ソーセージ用天然ケーシングの品質に及ぼすリン酸塩の効果 発表者と所属:○小林祥子1・西海理之2・尹 赫一3・竹田志郎1・坂田亮一1 (1 麻布大獣医,2 新潟大農,3 新亜細亜貿易) 小林さんはソーセージの製造で使用される羊腸や豚腸の品質の向上と安定に向けた研究を学部生のときから行っており、その成果が今回評価されました。 おめでとうございます。