鳥類内分泌研究会 特別講演について

12月14日から15日に麻布大学獣医学部棟で開催される鳥類内分泌研究会の特別講演がすべて出そろいました。帝京大学の本間先生には、生まれたばかりの鳥のひなが親の姿を記憶して追従するようになる「刷り込み学習」のメカニズムについて、日本獣医生命大学の江草先生には地鶏に多く含まれ抗酸化作用や抗疲労作用を持つイミダゾールペプチドのお話、バードリサーチの佐藤先生には、ほかの鳥の巣に卵を産んで育てさせるカッコウの「托卵」をみやぶる宿主の親鳥の珍しい戦略についてお話しいただきます。バラエティに富んだ3演題。今から楽しみです。