災害救助犬の研究テーマで実証実験を行いました。

介在動物学研究室、伴侶動物学研究室では、災害救助犬の活動支援として内閣府、JSTのIMPACTに参加しております。今回、IMPACTの最終試験として、麻布大学にて実証実験を行いました。具体的には、犬のジャケットにLED光源を搭載し、その光源を操作することで、犬を目的とした場所まで誘導するというものです。災害時の状況確認などの効率を圧倒的に高めることが期待されます。

動画がありますので、ぜひご覧ください!!

(イヌの動画は25:05~49:22)

(編集済み動画)