動物行動管理学研究室 第39期生 卒論発表会を開催

2017年12月23日(土)、研究室所属の動物応用科学科4年生16人が、各自の卒論を発表しました!

 発表者と論文タイトルは、次の通りです:

  寺澤龍太郎 屋外イエネコにおけるTNR活動と個体数変動

  森崎一葉 住居地域におけるTNR活動に伴う屋外イエネコの個体数変動

  岩城 涼 隣接地域間における屋外イエネコの移動

  小林陽佳 ニワトリは数の違いが分かるのか

  市川拓実 ヒツジは数の違いが分かるのか

  下川原里菜 ヒツジの誘導に対する条件音利用の効果

  渡邉美佳 ケージ飼育犬に対する朝夕のパドック放飼に伴う行動変化

  八重樫夢摘 動物保護施設収容犬におけるドッグラン利用時の行動

  柳瀬美帆 夏季におけるアルパカの行動および糞中コルチゾール濃度

  古賀愛海 飼育下におけるサイチョウの抱卵・育雛期の行動

  綱河安柚 飼育下におけるアマミトゲネズミの行動周期と巣箱利用

  當麻早希 プーズーの新規環境導入後における行動変化

  高橋茉佑 プーズーの出産前後における各行動の発現割合の変化

  竹井雅林 飼育下におけるプーズーの母子行動

  暉 茉莉奈 プーズーの成長に伴う各行動の発現割合の変化

  田口和佳奈 飼育下におけるプーズーの冬季から夏季の行動変化

 みんな、立派な発表でした!

 また、OB・OGも参加して、活発に質問をしてくれました。感謝感謝!!