応用動物心理学実習の犬たちがやって来ました

今年も福島県から譲渡された保護犬、病院で働いていた犬たちを預かり、3年生の応用動物心理学実習がスタートしました。家庭犬を育てるためのトレーニング方法や健康管理、そして犬の行動や心理を科学的に捉える方法を学んでいきます。10月からの里親募集に向けて、犬たちや責任をもって彼らを飼育する学生たちがこれからどう成長するのか楽しみです。